スタッフ紹介(6)

はじめまして。
幻想少女大戦シナリオ担当の画伯と申します。
「幻少」のシナリオや文章に関わる部分を担当させて頂いております。

先日の夏コミ当落告知で、そろそろ詳しい情報の告知をする……
という話だったので、スタッフ紹介に戻ってがっかりかと思いますが、
告知の方は絶賛準備中で、近い内に公開させていただく予定ですので
それまで、もうしばらくお待ちくださいませ。


■シナリオ
シナリオ…ストーリーの流れ的に皆さんが気になることと言えば、
「全何話か」や「登場する(味方になる)キャラは誰か」であろうと思います。
しかし、これらの情報はまだ秘密でして、お話しできません。
そうなると、私から皆さんに話せることは少なく、恒例の「おまけ」もない有様……。
折角なので、シナリオ制作の工程について雑談でもしましょうか。

シナリオの制作ですが、私一人で作っているわけではありません。
大雑把に言いますと、私が草案を作り、それを総括のさんぼんさんに送付。
さんぼんさんがそれに感想や加筆・修正を加えたものを私に渡す。
それに合わせて私がまた改変を行い、さんぼんさんに送付……
という流れで作ります。
つまり共作であり、一人だけではどうしても偏りが出てしまう部分を
上手く補いあって、楽しく作業させて頂いております。
それでよく「シナリオ担当」などと言えたもので、
「シナリオ補佐」とかの方が良いかもしれません。
いっそ「シナリオ補佐代理心得」とか、どうでしょう?


■嫁
東方キャラで最も思い入れが深いキャラクターは、蓬莱山輝夜です。
実際のかぐや姫その人…という設定が幻想的で素敵ですよね。
好奇心旺盛な一方で、和歌などにも堪能な一流の文化人であること、
意外に(?)バイオレンスな過去など、考えれば考えるほど情緒が深いです。
帝が求婚して袖にされた程の女性に「嫁」などというのは不敬なわけですが、
そういうことになっておりますので、よしなに。


■シメ
上で書き忘れましたが、体験版は遊んでいただけましたでしょうか。
「幻少」は原作を基にしたクロスオーバー的な試みをしているというところに
シナリオ的な特色があり、その雰囲気だけでも感じて頂けたなら幸いです。
シナリオの制作状況的には最終段階で、まさに今が山場です。
少しでも完成度の高いシナリオにするため、頑張らせて頂きます。
それでは、また……
スポンサーサイト
プロフィール

sanbondo


上海アリス幻樂団様の著作物である「東方Project」を元にした、スパロボ風の二次創作ゲームを制作しています。

代表: さんぼん

連絡先: info☆sanbondo.net (☆を@に変更して下さい)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
アクセスカウンター
ご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム