スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「紅」ユニット評3

こんばんは、シナリオ班の画伯です。
性懲りもなくという感じなのですが、またちょろっと更新です。

こんな風に制作者側の人間である私がユニット評を書いているわけですが、
私個人の印象で書いたものなので内容の信憑性とか、信頼度は怪しいものがあります。
むしろ、この記事に対して「いやいや、そんなことはない」と思ってくださる方が居た方が嬉しいです。
プレイヤーの皆さんにそれぞれの「ユニット評」があれば良いと思いますし、
ユニット評を考える楽しみも共有できればと思っています。

あとは「幻少」は四部作ですから、内容を忘れられていないか…というのが気がかりの一つで、
ユニット・キャラを元にした文章を読んで「紅」のことを思い出してくれればなぁ…という気持ちでアップしています。

-----
魔理沙
幻想郷のオールドタイ○代表。どうしても巫女技能の分差がついてしまうが、能力値は霊夢に匹敵している。特に射撃は流石の一言で、中遠距離の攻撃力は抜群。武装の燃費の悪さには常に気を配らなければならないが、閃きを習得してからはボス戦の基軸になり得る。嫁技能を使用したマスタースパークは敵もMPも消し飛ばす。
-----
稗田阿求
霊夢ルートでスポット参戦する。幻想郷のミデア…と思いきや飛べないので、せいぜい輸送車。自分で動かせるので勝手に無茶をしない分だけマシだが、戦闘能力は皆無。妖精にすら歯が立たない様子には物寂しさを感じる。求聞史紀では強気だったのに……。身体の弱い子なので無理させないであげてください。彼女が参戦するステージでWPを獲得したい場合、霊撃か援護攻撃を使うと便利。
-----
チルノ
ステータスが9づくしかと思ったらそんなことはなかった。HPと技量が飛び抜けて低く、当たれば死ぬを地で行っている。しかしサイズ補正や大妖精との信頼補正で避けまくり、さらに不屈まで持っている。生存能力はトップクラスかも。攻撃も燃費がよくて小回りが利く便利仕様。らしいんだからしくないんだか……。嫁技能の残念さは伝説級だが、大器晩成型ということでここは一つ。
-----
レミリア
本作で一番ラスボス臭のする人。なんとか紅の間はカリスマを守りきれたようだ。彼女のステージでは紅の字がゲシュタルト崩壊を起こしかねない。ゲーム的にはスペルカードでいきなりマップ兵器をぶっぱなす鬼畜コンボを初めて使う。流石は初めてスペルカードルールに則る異変を起こした人である。HP回復が厄介だがサイズの関係もありやや打たれ弱いので速攻してやろう。
-----
グリモワール
主として図書館ステージに登場する雑魚。原作で印象的だったレーザーは武装になっているほか、一部ステージでは弾幕の形で表現されている。長射程のレーザーと障害物だらけのマップが相まって鬱陶しい。基本的な能力も充実しており、レーザーにばかり気を取られていると本の癖に意外とタフで落としきれなかったりする。武装がレーザーのみなのでレーザー属性軽減の効果が持つユニットが有効。
-----
スポンサーサイト

「紅」ユニット評2

こんばんは、シナリオ班の画伯です。
先日はユニット短評を恥ずかしながら公開したわけですが、目を通していただいた方、
そしてコメントをくださった方、ありがとうございます。
それでというわけでもないですが、第二弾を更新のタネにしようと思います。

で、その前に折角の機会なのでシナリオ班っぽい話でもしましょうか。
幻少のシナリオはさんぼんさんと私が二人で書いており、つまり共作という形です。
プロットなどの重要な部分はもちろん、「この台詞はどこで改行するか」というところまで、基本的に合意を取って決めるのですが、
スタッフ内では、さんぼんさんと私の互いのダメ出しが結構容赦ないという事がたまにネタになっています。
二人の持っているイメージやこだわりを一つのシナリオにするわけですから、揉めるのも当然といえば当然ですがw

「紅」で特に議論になった記憶があるのは、第七話・第十~十二話・第十五話とかでしょうか。
揉めた分、私一人よりも、さんぼんさん一人よりも面白くなったという事だけには自信を持っています。
「妖」でも揉めに揉めておりますので、ご期待いただけると大変励みになります。

-----
○アリス
パッと見て目を引くのが驚異的な技量。サングラスの人を思わせるズバ抜けた数値であり、クリティカルを連発する。ただパワー100の時点では最大射程が3と下手な機械獣程度しかなく、序盤は反撃不能になることも多い。気力を確保できれば優秀なP武器が使用可能になり、更に必殺技の性能や燃費は良好、八面六臂の活躍が出来るようになるだろう。
-----
○大妖精
味方唯一の修理装置持ち。攻撃にはまったく期待できないが、見た目のイメージよりは耐えてくれる。「紅」では回復手段は貴重なので丁寧に運用したい。見所は意外なステータスの高さ。ちゃっかり技量が高かったりして、したたかな一面がかいま見える…かも。ちなみに原作『東方紅魔郷』で敵として登場するキャラの中で唯一敵対しない。
-----
○美鈴
驚くほどの防御力を誇り、パワーや弾幕効果などが加わると半端な攻撃では歯が立たない。どうしても消耗戦になりがちなので嫁スキルや精神コマンドを上手く使って戦いたい。WP条件の関係でMPをカラにすることを狙う場合はスペルカード発動前が良いだろう。スペルカード発動後もMPは回復しないので、必殺技を封じることができる。
-----
○幽香
あらゆる能力が高い「紅」最強ユニット。不用意に突っ込むと紅魔館に赤い花が咲き乱れることになる。ただでさえ攻守共に隙らしい隙がないのに、気力が溜まると分身が発動したり、隠しイベントを発生させると武装が追加されてたりして、更に手が付けられない。登場ステージでは撃破しなくてもクリア可能なので無理はしないように。Normal以上では強力な強化パーツを持っており、倒しきることができれば入手できる。
-----
○カラス
椛のお供として登場する妖怪烏。白狼天狗のお供に烏…良いのか? あくまで妖怪烏であり、種族も妖怪。普通の烏との違いは判らないが、多分弾幕が出るところとかであろう。見た目はただのカラスだが千年経てば文のようになるのだから、夢のある話である。あ、突進の攻撃力と命中補正が比較的高いので気を付けてください。
-----

「紅」ユニット評

こんばんは、シナリオ班の画伯です。

季節は晩秋ということで、秋姉妹が活躍した妖体験版から半年が過ぎましたね。
スタッフ一同目標に向けて鋭意制作中ですので、成果物はもう少しお待ちください。

さて、昔のスパロボの話をしていると決まって話題に上るものに「フリーダムな攻略本」というのがあります。
有名なのがユニットやパイロットの解説ページで、内容が妙に辛辣だったり、脱線したりと妙な味があって、単なる攻略情報としてではなく、読み物として楽しむことができました。
私もこの攻略本の魅力に取り憑かれたクチで、何度も読み返したりしたものです。
で、今回の更新では昔の攻略本風を意識しつつ書いた、幻少のユニット紹介を披露したいと思います。
元々はチーム内で見せて楽しむくらいのものだったのですが、ブログの更新のネタにしてみようという感じです。

・作成の元となったデータや情報は「紅」のもの。
・内容は画伯個人の感想によるもの。
ということをご留意ください。

-----
○霊夢
幻想郷のニュー○イプ。味方キャラで一番の回避を持ち、さらに巫女技能もつく回避の鬼。命中も最高レベルで、武装も隙がないので器用さが光る。その長所を活かす形の強化を行えば、それに応えてくれるだろう。一方防御はチルノ以下であり、HPも最低レベル。装甲を強化してもどうにもならないレベルなので割り切ろう。原作では人間離れした動きを見せているが格闘は低め。
-----
○妖夢
高い格闘値を持ち、武装も全て格闘という判りやすいユニット。P武器ばかりの編成と加速の相性も良好。ユニット全体で統一感があり、一振りの刀のようで好感が持てる。ただ防御・回避共に信用しきれないところがあるので、高難易度や強敵相手だと攻め手に回れないかも知れない。一撃必殺を信条にしたいところ。妖夢にしては格闘の高さが控えめだが、未熟者ということで大器晩成に期待したい。
-----
○ルーミア(案1)
弱い。味方についていくだけでマップが終わることもあるほど。能力値の低さは特筆すべきものがあり、特に技量は敵味方含めたユニットで最低。ボスに挑むなら被クリティカルを覚悟したい。命中や防御は意外にまともだったりするのだが、サイズSで運動性が低い残念仕様。1ボスだから仕方ないと笑ってごまかすしかない。せめてサイズがMならば高めの装甲を活かせるのだが…
-----
○ルーミア(案2)
攻撃力の低さと回避の低さが、宵闇の中で鈍く輝いている。手数の重要さが増す高難度ならばともかく、ノーマル以下では使いどころに迷うだろう。技量は敵味方含めて最低で、最高値のアリスとは実に50差。ア○ロとD○兵でもそんなに離れてないぞ。実は防御や装甲が高めで、根性を持っているので結構耐える。援護防御を覚えれば高難易度でも通用する壁になるが、余程意識しないと習得に時間がかかる。
-----
○妖精(青)
幻想郷の雑魚と言えばこいつら。序盤の肩慣らし的な雰囲気に任せて味方の気力を上げる係である。原作でもパワーを溜める係なので、していることは変わらない。ユニット的に特筆すべきことはないのだが、射程や弾幕に穴が少なく正面から戦うことが多いので、高難易度だと意外な強敵になることもしばしば。この辺も原作通りかも。
プロフィール

sanbondo


上海アリス幻樂団様の著作物である「東方Project」を元にした、スパロボ風の二次創作ゲームを制作しています。

代表: さんぼん

連絡先: info☆sanbondo.net (☆を@に変更して下さい)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
アクセスカウンター
ご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。