スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「妖」「妖OST」のDL販売が始まりました

さんぼんです。

引き続き告知になりますが、「幻想少女大戦妖」「妖サウンドトラック」のDL販売が始まりました!
妖は最新版(ver.1.2.0)となっており、「妖サントラ」は数年ぶりの取り扱い復活です。
対応した「妖」最新パッチ「紅」修正パッチも公開しているので、よろしければどうぞ!

 gsw02_jacket  gsw02ost_jacket

取り扱いショップ様は、DLsite.com様メロンブックスDL様です。

DLsite.com  Melonbooks DL

「紅」のときと違い、今回は大きく手を入れた箇所が少ないですが、
Windows 7への対応状況を改善していたり、一部ユニット性能を「永」に近づけたりなど、
細かい調整を行っています。
触っていると「永」以降の仕様(出撃メニューとか)が欲しくなりますが、
最新作が一向に完成しないので、ふんぎりをつけないとダメですね……

とはいえ改めてプレイしてみて、「紅」や「永」とは違った作品カラーがあるなと思ったので、
「紅」を触って気になった方、既にシリーズ作品を持っていて懐かしく思われた方は、
またプレイしていただければと思います。
個人的に、背景の美しさは(季節感もあいまって)他と比べても際立っていると思いました。
あと中盤がさくさくプレイできていいですね……!
ユニット数が増える終盤では、なかなかそうはいかない難しさがあります。

それはそれとして、冬コミの当落発表があったようですね。
残念ながら、さんぼん堂は今回も不参加となります。
出たいのは山々ですが、一つ一つの作業が重くなってたり、私生活の変化があったりで、
昔と同じペースで進められないのが現実です……
が!完成を迎えたいという想いは強いので、引き続きがんばってまいります。

その間、おそらく「永」のDL版も用意したいなと思っています。
本編作業との兼ね合いがあるので、すぐにとはならなそうですが、
最終作の頒布前に、気軽に手に取れる状態になっていてくれたらなと思っています。

では、今回はこの辺で。
スポンサーサイト

「幻想少女大戦妖」「妖サウンドトラック」のDL販売

ご無沙汰しています、さんぼんです。

先週は紅楼夢、今週は秋季例大祭とイベント続きだったようで、参加された方々はお疲れさまでした!
何かと立て込んでいる間に、深秘録がPS4で発売されたりと世間は盛り沢山ですねー。
いちファンとして、うどんちゃんがどんな感じになるのか気になります。
そしてしばらくイベントに参加していないので、あの空気が懐かしいです……(^_^;)

さて、告知ばかりになってしまいますが、「幻想少女大戦紅」に続き、
「幻想少女大戦妖」「妖サウンドトラック」についてもDL販売を始めることになったので
取り急ぎ報告させていただきます!
今回もDLsite様、メロンブックスDL様にお取り扱いいただく予定です。

DLsite.com  Melonbooks DL
(バナークリックでサークルページに飛びます)

DLsite様では告知が始まっており、「幻少妖」の最新(ver.0.2.0)の体験版を公開中です。
「紅」同様にWindows 7への対応状況を改善したり、完成版にデータを引き継げる仕様となっていますので、
内容が気になった方や、動作確認をされたい方は、どうぞ触ってみてください。

またDL販売開始に合わせ、「幻少妖」も最新版(ver.1.2.0)に更新予定です。
こちらについては、公開時に改めて告知したいと思います。

公開に至ったのは、やはり在庫切れの状況がひどかったためです。
(サントラは慢性的ですが、ゲーム本編もです)
ですが見方を変えれば、頒布後数年経ってもお手に取っていただけているということ……
この上ないことですので、DL販売を通じ、興味を持ってくださった方のお手元へ届いてくれればと考えました。

ただレーベルやブックレットなど、やはり実物にこだわりたい気持ちはあるので、
機会ができたとき(「夢」の完成時とか)に再販はしたいところです。
まずは「夢」の作業が先なので、うまく時間を作ってやっていかないとですね……
(相変わらず、完成自体を最大の目標に据えつつ、地道に進めています)

DL版が正式に公開されたら、また更新したいと思います。
今回はこの辺で!

テーマ : ゲーム製作 関連
ジャンル : ゲーム

「幻想少女大戦紅」最新パッチ

さんぼんです。

先日触れた「幻想少女大戦紅」の最新パッチを公開しました。
以下のリンクよりダウンロードしてください。

幻想少女大戦紅 ver.1.1.2 → ver.1.2.0 アップデートパッチ

Windows 7への対応を追加した他、ゲームパッドの動作など細かな変更をしています。
「これからプレイするよ!」という方、もしくはプレイの方は、パッチの適用をお願いいたします。
「永」完成版と同様、環境によってはカクつく場合があるかもしれませんが、よければお試しください。

 ※DL版は、近日中に最新バージョンに差し替える予定です。
 ※ロード時間等は ver.1.1.2 と同様であり、予期せぬ動作をする場合があります。
 ※一部仕様の変更により、パッチサイズが大きくなっているのでご注意ください。

【主な更新点】

・Windows 7への対応を追加 (※環境によっては、正常に動作しない場合があります)
・ゲームパッドの動作、および初期ボタン配置を変更(パッド入力とキーボード入力を同時に受け付け)
・博麗神社の会話背景を「妖」以降のものに差し替え
・次回予告風中断メッセージを追加
・「グレイズ」を妖以降の呼称である「PP」に統一
・一部ステージで、味方増援の初期パワーを変更
・ファイルのアーカイブ方法を変更
・システムデータが破損した際、バックアップから自動で修復する機能を追加
・誤字等を修正
・ほか、微細な修正


あくまで昔の作品ということで、ゲーム内容やリソースには極力手を入れないようにしました。
追加したのは、どうしても気になった点いくつかと、中断メッセージくらいですね。
後者はリソースというべきか謎ですが、せっかくということで(^^;)

ついでに中断メッセージの発生条件も若干変更となっており、
ステージ中で初めて中断した場合には次回予告風が優先される他、
明らかに発生条件のキツすぎるもの(しかも図鑑のコンプリートに関わるもの)については設定を緩くしました。

6年近く前の作品ということで、いま見ると色々と思うところがあります……
が、手を入れるときりがないですし、ここらで最新作の作業に戻りたいと思います。
気持ち的にはリフレッシュされたので、兜の緒を締め直したいところです!

***

デバッグを兼ねて改めて通しプレイをしたのですが、「永」や「夢」とは色々な面で対照的なので、
つい新鮮な気持ちで楽しんでしまいました。
特に違うのは、味方ユニットの運用の仕方ですね。
役割分担がはっきりしていて、まさに全員野球という感じでした。
(強化やスキル養成、使える精神コマンド等が限られているのもあるでしょうか)
味方サイドが充実し、やれることが増えた「永」以降ではこうは行きませんが、
ある種のシンプルさやテンポの良さは思い出していきたいなと思いました。
序盤と終盤では、なにかと同じにはいきませんけども(- -)

それとシステムやUIは言うまでもなく、話の進行やキャラのノリが今と違うのも特徴的ですねー。
特に序盤のアリスや早苗さんですが……きっと幻想郷に来たばかりで色々あったんでしょう!
ステージ構成も挑戦的で、これも作品のカラーなのかなと思いました。
「妖」以降の変化も改めて追っていきたいところです。

ではでは、機会があればどうぞ皆さんも触ってみてください!
今回はこの辺で。

「紅」「紅OST」のDL販売 & Windows 7への対応

さんぼんです。

前回に引き続きゲームのことを……と考えていたのですが、
他に告知することが出来たので、今回はそちらについて。

シリーズ1作目の「幻想少女大戦紅」と「紅サウンドトラック」ですが、
つい先日よりダウンロード販売を始める運びとなりました!

Melonbooks DL DLsite.com

上記サイト様にて早速販売が始まっているようなので、ご興味のある方はよろしくどうぞ!
(バナーをクリックすると、サークルページまで飛びます)

経緯を書く前に、まずはダウンロード(DL)版の内容についてですが、
ゲームは基本的に「紅」の最新版(ver.1.1.2)とまったく同じとなっています。
ただ5年以上前の作品ですし、改めて触ってみて気になる点があったので、
Windows 7への対応(&微細な調整)を加えた最新版(ver.1.2.0)を用意する予定です!
対応と言っても「永」完成版と同等なので、やはりカクつく環境があるかもしれませんが、
よければ試してみていただければと思います。
その他の細かい点については、準備が整い次第告知するつもりです。

サントラの方も、CD版と同じ内容(CD3枚分、63曲)となっています。
仕様の都合で音質は少し劣ってしまうのですが、ブックレットはpdfで封入したのでよければどうぞ!

やっぱりCD版を……という場合、いくつかのショップさんではCD版もまだ在庫があるそうなので、
サークルHPのリンクからチェックしていただければと思います。
最近だと、メロンブックスさんで「東方メロン」なるフェアをされるらしく、
ゲーム全作品や「永」サントラなど、残りの在庫をほぼ全部預かっていただきました。

それにしても、紅魔郷から10年以上経っているのに
まだまだ人気の衰えない東方は本当にすごいですね……。
データによると、例大祭の参加人数や人気投票の票数も過去最高をマークしたとか。
そのお陰で、「紅」をはじめとした自分たちの作品も触っていただけているので、
微力ながら盛り上がりを助けられたらなと思います。

***


最後に、DL販売に至った経緯についてですが……
理由は単純で、在庫切れが続いている状態をなんとかしたいと思ったからです。
5年以上前の作品でありながら、ありがたいことに未だにお手に取っていただけているらしく、
定期的に再販や追加納品の問い合わせをいただいています。
ですが諸事情からなかなか再販には至らず、不便が続いている状況だったため、
もっと柔軟になっていけたらと考えました。

それこそ上で述べたように、新しい世代の東方ファンも増えているようですし、
自分たちから動けるところは動いていかないと! と思ったりもしました。

といっても、基本的にはパッケージを含めて一つの作品だと考えているので、
CDのプレスは続けるつもりです。
ただサントラあたりは年単位で在庫切れを起こしていますし、DL販売を始めることで、
興味を持ってくださった方の手に届いてくれればと思います。

***


最後の最後に、ver.1.2.0の作業でひさしぶりに「紅」を触っていたのですが、
現在作業中の「夢」と比べて色々な面で差があって、新鮮な気持ちでプレイしまいました。
これについては、ver.1.2.0のアップ後にでも、機会を見つけて書きたいと思います。

では今回はこの辺で!

テーマ : ゲーム製作 関連
ジャンル : ゲーム

検討中のこと①(合体攻撃について)

さんぼんです。

ネタが溜まるまで更新なし......だとかなり間が空いてしまいそうなので、
小ネタですがたまには制作の近況(?)について書こうと思います。

説明の機会を逃しましたが、「幻少夢」の体験版には試験的な試みもかなり多かったです。
メジャーなところではフルパワーモード(FPM)やスキルスロット数の増加、
マイナーなところでは難易度ごとのAI設定など......
それらの仕様を完成版ではどうするか、制作しながら検討を続けています。

最終的にどうなるかはまだまだ判りませんが、
比較的見通しの出ているラインから紹介していきたいと思います。

○合体攻撃について


gsw04_ss03

シリーズ(?)1回目ということで、今回は合体攻撃について紹介します。

今までの幻少には「合体攻撃と援護攻撃は同時に使えない」という制限がありました。
(合体攻撃に援護はできないし、援護で合体攻撃は使えない……という感じです)
α外伝あたりの名残だったと思いますし、コレはコレでなくもないですが、
性能面などの調整やロマン(大事)を考えて見直す機会を設けました。

新しい仕様では、合体攻撃と援護攻撃の組み合わせもOKになる予定です。
ただ、援護とメインで同じユニットが2回登場するのだけNGとなっています。

例を挙げると、レイサナ砲に早苗さんで援護攻撃するとか、
魔理沙にマリス砲で援護攻撃はできないといった感じです。
一応はルールありになりますが、ひっかかる頻度は(個人的には)低いですし、
むしろ自由度のアップを楽しめるようになったかと思います。

特にFPMに合体攻撃で援護すると、色々なキャラで畳み掛けられて個人的にYESです。
そのFPMについても見直した点があるので、次の機会に紹介できたらと思います。

それではまた!

テーマ : ゲーム製作 関連
ジャンル : ゲーム

プロフィール


上海アリス幻樂団様の著作物である「東方Project」を元にした、スパロボ風の二次創作ゲームを制作しています。

代表: さんぼん

連絡先: info☆sanbondo.net (☆を@に変更して下さい)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
アクセスカウンター
ご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。